こんにちは

今日は、S藤さんのNーBOX納車の日
天気が良くて良かった・・

 

嬉しそうな顔を見ると、こっちも嬉しくなっちゃいます

さて、本題です

点検パックで、この度12ヶ月点検をさせて頂いたのは
フィットHV

この時期なので、タイヤを外したついでに

スタッドレスタイヤに交換しました。

で、

「タイヤを外すとき、
 印をつけておいて下さい」

というご依頼がありましたので
こんなふうに印を付けました

で、ちょっと疑問が湧きました

お客さんがこの『印』をどう利用するのか?・・です

『春になったらまた
 この位置に取り付けるんじゃないだろか?』

それで、お客さんに聞いてみたところ
案の定、この通りの位置に取り付けようとしてました

写真は、『右後』になってますが、
このタイヤを来年も『右後』っていう具合にですね

でも、この方法はあまりオススメしません

一般論ですが、
足回りに異常がない場合
前輪のタイヤは、内側と外側が減りやすく
後輪のタイヤは、平らに減っていきます

車種によっては、
この逆っていう場合もありますが

ですので、
タイヤ交換時に、前後を入れ替えながら
4本のタイヤを均等に減らしていくのが
タイヤを長持ちさせるコツと言えます

位置を変えずに使い続けると、
タイヤの外側だけ減ってしまい
まだ溝がいっぱい残っているのに
タイヤが使えなくなってしまう・・
っていう事態が起きてしまいます。

ちなみに、
私の自家用車のタイヤに
印はついていません

その代わり
タイヤの減り具合を見ながら
前に配置するタイヤ
後に配置するタイヤを
その都度、決めています

昔は、ローテーションはこうしなさい
っていう方法を自動車学校で
教えてましたが(かなり古い)

今どきのタイヤはそんなこと
気にする必要はありません

ただ、タイヤによっては
右用、左用と回転方向が決まってる
タイヤがあるので気をつけて下さいね

余談ですが

【タイヤローテーションはしないほうが得!】

http://blog.livedoor.jp/ese_admin/archives/52003119.html

っていう記事を見つけました・・
この記事は

前後タイヤが、平らに均等に摩耗する
という前提で書かれていますので
一般的にはほとんどあり得ない話しですが
面白いので、読んでみて下さい!!